Skip to main content

愛媛新聞に連載中です

今年4月より、とてもありがたい良いご縁をいただきまして

地元の愛媛新聞に 仕事マナー基本の「き」を連載中です。

1年間の予定で毎月テーマを変え、インタビュー形式で取材を受けて

それを記事にしていただいています。

 

これまでの内容をご紹介します。

4月:あいさつと言葉遣い

5月:第一印象と身だしなみ

6月:訪問と名刺交換

7月:来客応対とお茶の接待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ターゲットはこの春の新社会人ということだったのですが

思いのほかさまざまな年代の方から「勉強になる」とのお声をいただき

びっくりしたり、うれしかったりです。

 

来月は「指示の受け方、報連相」を予定しています。

掲載は毎月第1月曜(予定)。

是非ご覧ください!

 

 

災害対応シミュレーションゲーム「海辺の町」

研修では、チームワークやコンセンサスについて効果的に学ぶため

コミュニケーションのワークを取り入れることがあります。

これまで「砂漠で遭難したら(航空機事故)」や「漂流脱出(船舶事故)」など

突発的な事故に遭遇した際に、どうやって皆で協力して助け合い、

生き残るかを考えるゲームを行っていましたが

今春の新入社員研修で初めて「南海トラフ巨大地震」をテーマにした

災害対応シミュレーションゲーム ダイレクトロード「海辺の町」を実施しました。

 

 

 

 

 

 

これは、防災訓練教材として神戸市消防局の方が開発されたもので

地震直後の町の状況を仮想体験して被害への対処方法を習得するとともに

仲間とのコミュニケーション能力、人々を導くためのリーダーシップ、

町に飛び交う情報を整理して被害への対処につなげる情報分析力を身につけるという

カードゲームです。

「海辺の町」の詳細はこちらをクリック!

 

これまで用いていた素材は、あくまでコミュニケーションワークのためだけであり

そのもの自体に特段に意味はないのが普通です。

それに比べ、この「ダイレクトロード」では災害への意識が高まり、

その対応への知識も身に付き、リスクマネジメントにまで発展させられたりと

地域や組織で求められていることが総合的に効率よく身に着く素晴らしい教材でした。

 

今朝発生した大阪を震源とする地震にはびっくりさせられました。

危機はいつも、すぐそばにあることを決して忘れてはならないと改めて感じました。

 

 

「ヒューマンエラー対策講座」レポート

愛媛県庁にて開催された「平成30年度 愛媛県防災危機管理対策研修」に

講師として伺いました。

大規模災害等の発生時、統括指令本部や地方司令部に配属される予定の職員を対象に

災害や危機事象発生時の対応の基本理念等について理解を深めることを目的として

平成23年より毎年開催されているとのこと。

今回はその中で「ヒューマンエラー対策講座」を担当させていただきました。

100名を超える方が熱心に受講され、一県民として非常に頼もしく感じました。

「リスクマネジメント研修」について

このところ、パワハラやセクハラにまつわるニュースが多いように感じますが

それにあわせるようにして、研修のお問い合わせも少しずつ増えています。

ずばり「セクハラ研修を!(困っているので)」とおっしゃることもありますが

受講される方の意識を「加害者側」VS「 被害者側」と2分する恐れもあり

全員の方に当事者意識を促して、研修の効果を高めるため

「リスクマネジメント」として大枠で捉えた研修をご提案させていただいています。

詳しくはこちらをクリック! 「リスクマネジメント研修」カリキュラム例

 

さまざまな立場の方が、心を一つにし

「働きやすい職場環境づくり」と「仕事の質の向上」を目指して

それぞれの方が主体的に考え、行動していただくことを研修の目的としたいこと

「~してはいけない」というばかりの否定的で後ろ向きの研修ではなく

「こうしましょう」という前向きな研修としたい旨をご説明して

ご理解をいただいています。

 

私どもでは、研修や講座という関わりを通じて

皆様がイキイキと働ける職場づくりのお役に立ちたいと願っています。

お困りごとがあれば、なんなりとご相談ください!

 

秘書検定 団体優秀賞受賞!

四国医療技術専門学校様が、秘書検定の団体優秀賞を見事受賞されました!

1月に「担当している生徒さん達が、2級を受験します」と投稿していましたが

ほんとうにうれしいお知らせをいただきました。

過去の投稿はこちらをクリック!

 

1年生で学んだこの知識(秘書概論)を、2年生では知恵(秘書実務)に変えるべく

これからはロールプレイング中心の授業で体得目指して頑張って

それぞれが希望する先に就職を決めていただきたいと心から願っています。

  

秘書検定について

来月2月の初旬に第114回となる秘書検定試験が実施されます。

非常勤講師として伺っている専門学校の生徒達が今回は2級にチャレンジしますので

「できれば全員に合格して欲しい!」と気をもんでいるところです。

 

実はこの検定、第1回はさかのぼること何と45年前の昭和48年という

とても歴史のある検定なのです。

「今どき秘書なんて仕事、そうはないでしょう~」と思われるかもしれませんが!?

社会人として身についていて当然の「仕事の基礎」や「会社の常識」を学ぶには

まさにうってつけの教材です。(20年の講師歴において保証します!)

市役所や企業においてもヒューマンスキルの向上を目指して検定受験に取り組むなど

人材育成のツールとして注目されています。

 

検定は3級、2級、準1級、1級と順に難易度が上がり

準1級と1級については筆記試験に加え面接試験も行われます。

目安として、社会人であれば2級はせめてストレートで合格して欲しいところですが

皆さんも腕試しにいかがでしょうか?

 

 

 

 

※ 検定試験や面接試験の対策講座も行っております!

「新入社員研修」について思うこと

年末年始にかけて、私どもの会社では新入社員研修の日程が続々と決まり始めます。

(春の研修が終わってすぐ次年度のご予約をくださるクライアント様も!)

ご担当の方との話題は自然に「内定者(最近の若者たち)」になるのですが

「なかなか難しいね」とおっしゃる方が最近増えてきたように感じています。

 

これまで20年間、毎年新入社員を見てきました。

昔も今も変わらず彼らはとても前向きで素直です。

また、昔と比べて能力的に決して劣っているわけではありません。

むしろいろいろと「できる」方が多いと思います。

なのに「難しい」と感じるのは何故なのでしょう。

 

ひとつ思うのは彼らに「経験がない」「慣れていない」からかもしれません。

社会が変化し、人間関係や地域とのつながりが希薄化しています。

また学校では先生をニックネームで呼び、友達言葉で話したりしています。

長年、身についてしまったコミュニケーションのあり方を大きく変えるのは

その言葉どおり大変です。

ですが、コミュニケーションは生まれもってのものではなく「スキル」なので

訓練次第で改善されますし、上達します。

 

「人材」を「人財」に育てるには、工夫と努力、そしてなにより熱意が必要なのです。

「三つ子の魂百まで」と言いますが、社会人としてのスタートも同じ。

まずはしっかり彼らを見て、彼らの話を聴いて、関わっていただきますことを

心から願っております。

 

ご参考 「新入社員研修」カリキュラム

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 オープンコンサルティング

平成29年9月26日、道後温泉に新たに誕生した「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」

県内外で非常に注目を集めていますが、皆さまはもう足を運ばれましたでしょうか?

 

実は、私どもではこの上ないご縁をいただき、オープンのお手伝いをさせていただきました!

【 オープンコンサルティングの主な内容 】

・ マニュアル作成 (応対、案内、オペレーション、館内放送)

・ 研修 (接客の基礎、シミュレーション、OJT)

 

新人応接員の皆さんは、慣れない応対や言葉遣いに最初は戸惑いも感じられたものの

元気で、前向き、とにかくやる気がはんぱない!!!

個人での予習、復習はもちろんのこと、持ち場ごとの自主練習などで課題を次々にクリア

オープン当日、立派にデビューを果たされた頼もしい皆さんの姿に感動しました ☆彡

 

皆さまも是非一度お越しになり、「美人の湯」と「えひめ道後のおもてなし」をご体感くださいませ。

 

DVD-社員教育マニュアル撮影中!

現在、DCMダイキから委託され「動画教育ツール」をシリーズにて絶賛製作中!

新しく入社したパートさんやアルバイトさんに対する導入教育として有効活用されています。

制服を着用すると店員にしか見えませんが (^-^;

2人ともキャップの社員です。

教育マニュアルは、いま「紙」から「動画」へと、どんどん変わってきていると言われます。

文字で読むだけのマニュアルに比べ、ビジュアルで確認すると格段に理解が深まること

また、これまで指導者のレベルに大きく左右されていた教育品質の均質化や

「いつでも」「どこでも」「繰り返し好きな時に学べる」といった効率化につながります。

以前は相応のコストがかかっていましたが、このところのPCや撮影機材の進化により、

比較的安価で作成できるようになりました。

気になる方は、是非お問合せください!

 

詳しくはこちらをクリック! 「動画教育マニュアル作成のご案内」 

5/25 インストラクターミーティング開催

本日、西日本一帯のそれぞれのエリアで活躍しているインストラクターが松山に集結、

ミーティングを開催しました。

今回参加のインストラクターは、主にDCMダイキ ホームセンターの店舗研修を担当しており、

その実施報告と検証、また次回実施に向けてのすり合わせや情報共有など、

にぎやかに熱く、凝縮された話し合いを行いました。

「講師」が一堂に会しておこなう挨拶、おじぎはいつ見ても迫力があり、圧倒されます。

ミーティングに先立ち、DCMダイキ本社を訪問し、弊社が運営を任されている

「社員食堂 味茶和」でのランチ体験というお楽しみイベントもありました。

遠くは大阪、岡山、広島、徳島からもお越しいただき、ありがとうございました!

また、頑張りましょう ! (^^) !